k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


16 「肉体の心 霊魂の心」

私たち地上の人間は顕在意識と呼ばれる心を持っています。

それは肉体の心(通常表面の心)と言えます。

それでは霊魂の心は何処にあるのでしょうか。

霊魂の心は潜在意識と呼ばれる、通常は隠れた意識の中にあるのです。

 

人間の霊魂は十人十色の成長(進化)の途中にあり、様々に成長度合い(段階)が異なっています。

ごく新しい(未熟な)霊魂であると、潜在意識もそれに応じて新しい(未熟)といえます。誰もが最初は新しい(未熟な)霊魂から、地上(物質現象界)再生等を繰り返しつつ成長(進化)して行くのです。

しかし、大きく成長を果たしている(成熟している)霊魂であると潜在意識も大きく、その全貌を簡単にはかり知る事は困難です。

その様な人(霊魂)の場合は、本人が顕在意識(肉体の心)で気付いているか否かにかかわらず、この世に現れている心(意識)は本体の極一部と言えます。

 

通常は、この世に生きている限り、自分自身で霊魂の心(潜在意識)の多くの部分を自覚する事は困難です。

人間の顕在意識(肉体の心)は、肉体の動物的感情や動物的本能(食欲、性欲、睡眠欲等)に意識の多くを占められていますが、それに霊魂の知性(理性、良心等)が合体して、肉体の心の精神と呼ばれるものを作っています。

霊魂の心の知性(理性、良心等)は、しっかり自分で自覚しないと、肉体の心の隅においやられた状態になりかねません。

そして、霊魂の世界に帰って(他界して)から、本来(霊魂)の自分自身の本心(その全体、本体)に明らかに気付く(自覚する)ことになります。

 

人間は、この世に生まれ出た時は、霊魂の世界の生活や前世等は(通常)そのほとんどを忘れて生まれています。乳幼児期に残っている霊的感覚や記憶は、顕在意識の発生(発達)に応じて消え去ります。(これは深い意味では、創造主(いのちの源)の愛による恵みです。人間がこの世で正常(混乱する事なし)に生きて霊性進化向上するための必要条件です)

通常は、霊魂(本来の自分自身)では納得して来たはずの、この世での環境や能力(身体、頭脳)等の、この世の境遇に不満を持つという事は、摂理(自然法則)に合わない考え方であるのです。

人は誰も今の境遇を素直に受け入れて、その範囲において精一杯努力、精進する事(心がける事)が求められているのです。摂理(自然法則)に従った、素直な努力は必ず大きく報われる事になります。

それが、この世に生まれた、その人自身(永遠の霊魂)の真に望んでいる、進化向上の為の最善の道であるのです。この世(地上物質界)への再生は霊性向上の為の実践(物質現象界体験)の機会です。

 

人間(霊魂)のいのち(命)は永遠です。今、この世に在って様々な困難を感じているあなたには、希望の光となりますように、この真実(霊的摂理)を正しく理解してほしいと思っています。

たとえ今、肉体やその心が様々な困難や苦悩にあっても、それに出来る限り最善の方法で対処し、耐え忍ぶ事によって、真のあなた自身(永遠の霊魂)は強く、たくましく、より美しい存在者へと進化向上します。

人間には自由意志が与えられていますから、その人生を無意味なものにしたり、あるいは投げ出す事さえ出来るのですが、それは、真のあなた自身(霊魂)の望んでいる事ではありません。そのような結果は、やがて後悔、反省、悔い改めとなって霊魂(あなた自身)の試練(苦悩の再体験や苦難の再生等)にもなるのです。

あなたのこの世での肉体の心をしっかり制御(コントロール)出来るのは、あなたの理性と良心(霊魂の心)です。

 

あなたが今どのような境遇にあっても、その理性と良心によって心を正しく制御して、摂理(自然法則)に従った有意義な正しい人生を歩まれますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。


17 「いのちの源(創造主)へ、向上の幸せ」

戻る