k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


22 「人間、食事」

私たち地上の人間は、食事として、食べ物や飲み物を摂取して生活しています。

それは身体を作り、心身の活動の力(エネルギー)ともなります。

ちなみに霊界での霊体は、肉体のような食事の必要は基本的にはありません(例外・肉体的感覚を抜け切れない境涯等)。

霊魂の世界において霊体は霊的必要素を、その霊体に霊的呼吸や霊的浸透等の手段で得ています。

 

今回、地上生活をしている肉体人間にとっての食事を考えます。

何を食べて何を飲むかは、肉体にとっては大切な要素です。

食材は、あなたの身体を作り上げて、その元素の質を決めています。

従って、清浄な身体を維持する為には、清浄な食事をする事を、私はお勧めします。

 

その観点から、アルコール類は、どうしても必要な人は(心身に)薬用的な適時適量のみ(心身の適正な自己管理)をお勧めします。

タバコ等は、どうしても必要な人は必要最小限に留めた上で、体調(健康)を考慮して段階的に極力節制される事をお勧めします。

食事量は適時(空腹時)適量(腹八分目)をお勧めします。

地上の人間は各人各様に(身体的にも)様々な個性を持っています。

その人の身体(肉体)に合った(必要な)適切な食材を摂取する事が望まれます。

 

あらゆる食材(いのちの恵み)に感謝の心を持つ事が大切(必要)です。

大地(陸、海、湖、河川等)の恵み(穀物、野菜、果物、海産物等)は清浄化の為には最適な食材です(出来る限り、より自然に近い物が望まれます)、大地の恵みの中には人間に必要な主な多くの栄養素が含まれています。

清らかな食材によって、清らかな身体を育てる事が、霊的観点からは大切な要素です。

肉類については、特に哺乳動物は進化が人間に近い(霊性においても親近の)生物です。

明らかに、いのち(命)の同胞としての親近にあると言えます。

 

現代人の多くの人々は総体的に霊性向上が進んでいます。

それらの人々には、霊的観点からの食生活の再検討をお勧めします。

人間は人間以外のいのち(命)に対しても、思いやり(愛)が必要です。

あなたの心からの思いやり(愛)を、それらの周辺動物にも与えてあげて下さい。

 

あなたは動物や鳥やその他の生き物を、ペットに持たれた経験がありますか。

現在は多くの人達が、動物ペットを自分の家族のようにかわいがっています。

動物達は、いのち(命)の同胞的存在と言えます。

家族のようなペットとのつながり(絆)には、いのち(命)の同胞的愛があります。

 

その同じ人達が、自分のペット以外の生き物に、いのち(命)の同胞的愛を持たれているでしょうか。

明らかな意識(本能的愛や知性や感情等)を持った動物達(特に哺乳動物)は、人間と同じ様に恐れも痛みも感じています。

それらの動物達のいのち(命)に対する、最大限の尊厳(真実の同胞的愛)を持って接して下さい。

あなたの、その優しい愛の心によって、それらの動物達に対するあなた自身の行動を律して下さい。

 

あなたの行動を真に律する事が出来るのは、あなただけなのです。

他の誰が何をしようと、あなたはあなたの行動を律する事が出来るのです。

あなた自身の行動の最終的な責任は、あなた以外の誰にも押し付ける事は出来ません。

どうぞ、出来る限りの優しい愛の心と行動を、より多くのいのち(命)に対して行って(生活実践して)下さい。

 

人間のいのち(命)は霊魂です。

その人間のいのち(命)の源は、すべてのいのち(命)の源でもあるのです。

 

この地上において、共に進化の途上に生きている多くのいのち(命)ある存在(特に近しい動物種等)に対しての、あなたの優しい真実の愛(同胞的愛)が深まりますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。


23 「霊魂、浄化(清浄化)」

戻る