k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます。

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます。


28 「時間、永遠の今 T」

私たちは現在、地上世界で生きています。

そして、同時に霊的世界にも生きています。

私たちの本質は、霊的身体を持った霊魂です。

私たちは有限な存在であると同時に、無限の存在(永遠の霊魂)でもあるのです。

私たちに大切な事は、肉体と霊性の感覚(意識)の正しいバランス(調和)をとる事です。

 

私たちは、時間というものは実在のものと感じています。

時間が過去から未来へと一定方向に流れているように実感しています。

それは地上物質的には、一面においては自然な意識であり当然であるとも言えます。

 

しかし、この物質的世界に実在としての時間というようなものが確かにあると言えるでしょうか。

過去は、今という時の中に記憶や記録を持っているに過ぎません。

そして、未来は、今という時の中に予想としての可能性を持っているに過ぎません。

過去、未来そのものは、実は地上のどこにもありません。

この地上に確かにあるのは、常に今という時(瞬間の現象)だけなのです。

 

私たちの肉体は限りある存在ですから、その意味では永遠に生きるとは言えません。

しかし、私たちは誰でも、現在この地上ですでに数種の(次元の異なる)霊的身体を持っています。

その意味では、私たちは霊的な世界(次元)にも確かに存在して(通じて)いるのです。

私たちは現在すでに、霊的存在として永遠の今を生きているのです。

 

私たちの肉体は、その現象(働き)を終えるとやがて消滅します。

その時、私たち(霊魂)は肉体を離れて霊的身体と共に霊的世界に移って行きます。

 

霊魂(霊体)にとっての時間的観念は、地上的(物質現象的)時間とは異なります。

通常の霊体は、目的(者、物、地)を意識することで、(状況次第では)一瞬の内にも空間の移動が可能です。

霊体(霊的存在)にとっての時間も空間も、物質的次元と同じような在り方では、存在しているとは言えません。

 

霊的次元には、昼夜がありません(これは物質科学的理解においても、昼夜(一日)と季節(一年)は、物質太陽との関係で、地球の自転やその傾きと公転によって物質現象次元にのみ現れている物質現象であるからです)。

霊的次元には、常に本源(無限)の光があります。上位(境涯、界)ほど(その存在自体も)より美しい光輝に満ちた世界です。

霊的次元の時間的、空間的要素を我々(地上物質的人間)が実感することは(通常の物質的知覚では)困難と言えます。

しかし、霊的な時間的要素(霊的状況の変化)を霊的感性で感じ取れる可能性はあり得ます。

我々は誰も肉体人間であると同時に、今(現在)においても霊体を持った霊魂であるからです。

 

地上では、過去(過ぎ去った今)の現象体験から、様々な教訓が得られます。

地上では、未来(これから迎える今)に向かって行く意志(勇気や希望)は、心(魂)の成長の糧となり得ます。

その意味では過去も未来も、大切なそれなりの(観念的)役割をこの地上で持っているとも言えるのです。

それらは今(現在)を心がける事で、今を大切にする事につながります。

それは、いわゆる物質的刹那主義(今だけ地上的低俗な快楽(享楽)のみを追求する事)とはまったく違う生き方です。

それは、永遠の今(現在)を真実(真理、摂理、自然法則)に基づき、(浄化、進化しつつ)高尚な(最善な)善行(生活実践)を追求する、真実に正しい生き方(心がけ)なのです。

 

【いつの世にも、この地上的快楽(情欲、享楽等)を自己本位に追求する事を(自然に則した権利のように)勧める(奨励する)教え(利己的快楽主義、刹那主義等)が現れます。そのような考え方は(浄化、進化しつつある)高尚な人間性に危険な影(過ち、罪)を落としかねません。地上の動物種としての人間には、地上生活存続(継承)の為に、情欲的快楽を伴った動物的本能が備わっています。それ(本能)自体には正邪も善悪もなく、自然法則の内です。

その理解から情欲的快楽(本能)の適時、適正なあり方(正しいコントロール)が可能になります。その正しい真実の愛(利他愛)に基づいたあり方(思念、行動)が望まれます。その正しい観点から見て(観て)、行過ぎた地上(動物的、エゴ的、自己中心的)快楽追求が、世の人々に多くの間違い(過ち、罪)を誘う(起こさせている)危険性に、(現世的にも、霊的にも)細心の注意(警戒)が必要です。その上で地上の今(現在)を、正しい節度を持って有意義に楽しく、真実の愛(利他愛)の喜びと共に生き抜く(生活実践する)事が大切です】

 

あなたは、昨日を(過去を)思い悩み、後悔し、必要以上にとらわれてはいませんか。

あなたは、明日を(未来を)心配し、不安になり、必要以上にとらわれてはいませんか。

あなたはそれらの必要以上の思い悩みや心配や不安等の為に、あなた(地上的生存)にとって必要以上の地上的快楽、権威、権力、地位、名誉、名声、利己的情欲、金銭、蓄財等(地上的執着事物)の利己的欲望追求の為に、大切な真実(本当の人間的愛や優しさや正しさや誠実さ等)をおろそか(犠牲)にしてはいませんか。

やがては(通常)移り行くことになる真実(上次元)の霊的世界に何一つ持ってゆけないもの(地上的執着事物)の為に、その世界に必ず身に付けて行く大切なもの(真実)をおろそか(犠牲)にしてはいませんか。

過去や未来に、今という時(今(現在)を真実に正しく喜びと共に生き抜く事)以上にとらわれないようにする事が大切です。

それ(今(現在)を真実に正しく喜びと共に生き抜く事)以上に大切なものは、この地上現象世界(地上生活)には何一つありません。

 

時間的に考えた時に、あなた(あなたの意識)の幸せや喜びはどこにありますか。

そこ(あなたの意識)に(地上現象的)実在としてあるのは、常に今という時だけです。

その(あなたが生きている)今という時は、霊的存在としての永遠の今でもあるのです。

 

その大切な時(今)を霊的感性を用いて感じてみて下さい。

その永遠の今は、あなた(霊魂)の永遠(無限)の存在を含んでいます。

その永遠の今は、霊的にはすべての過去もすべての未来の可能性も永遠(無限)に含みつつ在り続けます。

あなた自身(霊魂)は、その自己意識のままに常に永遠の存在(偉大な命)です。

あなたは、物質的世界、霊的世界、霊的超越世界、超越世界等、(通常)やがては次元を(より上位界へと)移り変えて常に生き続けます。

あなたは表現手段(身体的媒体)を変えながら、あなた(自己意識)そのままに永遠(無限)に、より上位次元界に行くほどに、より霊妙に、より美しく、より自由に、より愛と喜びに満ちた存在者として生き続けて行くのです。

 

あなた自身(永遠のいのち)をどのように今回の人生で作り(磨き)上げる事(霊性浄化進化向上)が出来るのかについて、今のあなたのあり方(思い、言葉、行為)が大切(重大)な意味(可能性)を含んでいます。

 

今、あなたがどのような状況(試練)にあっても最善(善行)を尽くして下さい。

その報い(幸せ、喜び)は、今(現在)のあなたの中にあります。

あなたの出会う多くの人々に、あなたの善意(愛と感謝と喜び)を持って、今(常に)最善(善行)を尽くして下さい。日常の小さな事にも、あなたに出来る限りの最善(善行)を尽くして下さい。

今(現在)精一杯のその幸せを感じて下さい。今(現在)生きているその喜びを感じて下さい。

 

あなたのいのち(霊魂)は永遠です。あなたが何より大切な今という時(永遠の今)をしっかりと意識し、愛と感謝と喜び(真実の幸せ)を今(常に)得られますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。


29 「時間、永遠の今 U」

戻る