k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


30 「時間、永遠の今 V」

人間が過ぎ去った自分自身の出来事を反省している時は、今(現在)の自分が進化向上への一歩を果たし(少なくとも進化向上へ導かれ)ている事を示していると言えます。

それは自分自身としての喜ばしい変化であるのです。

過去の事象を見返し、反省し、今(現在)の心の在り方を悔い改めるのは良い事です。

 

自分自身の言動(意志、言葉、行動)について、後悔して反省する事は自己改善のために大切な必要条件です。

自己反省して自己改善へと向かう(進化向上の)ためには、(自らの)後悔の念を(心に)深く刻む事が大切です。

しかし、後悔だけにこだわり執着して(正しい反省と悔い改めに向かうことなく)、いつまでもそこから抜けられないのは良い事とは言えません。

その後悔だけの無数の繰り返しで、いつの日にか自己改善に向かえたとしても(可能性はあっても)、その(改心の)為には多くの時間と活力(エネルギー)を必要とする(消費する)事になります。

 

ですから、その心に後悔が起きた時には、今(現在)しっかり反省して(悔い改めて、改心して)その上で今から先(未来)を見る事が望まれます。

今(現在)の自分の悔い改めた心(改心)を信じて、その心(魂)の力(自分自身)を信じて、これから先(未来)を見て、力強く生きて行く事が望まれます。

この場合の先(未来)を見るとは、今(現在)に役立つ為の概念としての先(未来)を見る(心を向ける)事です。

それは今(現在)行う事が出来ます。

今(現在、永遠の今)こそが、その正しい悔い改め(改心、回心)の機会(チャンス)なのです。

 

人間(霊魂)は通常、常に上昇(霊性進化向上)を志向する(霊的)存在者です。

この地上界で間違いも過ちも犯さない(その自覚を持ち得ない)人間であったなら、悔い改め(改心)もそれゆえの上昇の可能性も起こり得ません。

今(現在)悔い改める事は大切な学びの機会(チャンス)であり、大きな喜びとも成り得ます。

その真実の学びと共に、それに見合った上昇(霊性進化向上)に向かう真実の喜びを得る事が可能になるのです。

この地上に生きる人間は完全(至福)には成り得なくても、完全(至福)に向けて努力する(心がける)事は、いつでも(今)出来るのです。

 

人間(あなた)は大切な自由意志を持っています。

その本質(本性)は霊魂(創造主の一光り)ですから、創造に類する力も、それなりに持っています。

その自分自身(あなた)の、今(現在)の自由意志(意識)の持ち方(働き方)によって、自分自身(あなた)のこれからの(物的、霊的)存在者としての在り方さえ、大きく左右する事も十分に有り得るのです。

(各人各様に)その自由意志の持つ能力も威力も千差万別ではありますが、その意志の力(想像力、創造的力)は偉大です。

人間(あなた)は霊魂(霊的存在者)として永遠に生きるという真の意味を、今この時に深く考えて(感じて)みて下さい。

 

常に、今(現在、永遠の今)を意識して、充実した地上生活を過ごして下さい。

今(現在、永遠の今)を充実して生きるには、常にあなたにとっての最善(善行)を心がける事が正しい道であるのです。

常にその意識(最善、善行)を持って今(現在、永遠の今)に臨んでいると、心配も、恐れも、怒りも、悲しみも、悪意も、妬みも、恨みも、憎しみも、無慈悲も、強欲も薄らいで消え去って行きます。

常にその意識(最善、善行)を持って今(現在、永遠の今)に臨んでいると、真実の愛と、感謝と、喜びと、安らぎの光輝(幸福感)があなたの心を占めて行きます。

 

地上(肉体)人間としての(自己)意識と共に、常に霊性(霊的自己)をも意識して、今(永遠の今)を充実して精一杯に正しく生き抜いて下さい。

そのあなたの生活(地上人生)を、あなたにとっての最善の道として下さい。

あなたが今(現在)地上で出会う人々に対して、あなたの最善の心(善意、真実の愛と感謝と喜び)で接して下さい。

今この地上に在る(生きている)という貴重な体験を、あなたにとって精一杯の楽しい喜びの体験として下さい。

 

あなたが今(永遠の今)という時を大切に意識して、今回の地上人生を有意義な(真実の価値ある)最良の(真実の光輝ある)経験とされますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。


31 「生老病死、欲求(欲望)、老化、病気、寿命 T」

戻る