k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


31 「生老病死、欲求(欲望)、老化、病気、寿命 T」

この世(地上)に生まれ、今(現在)生きて(生活して)いる人間には、その心身(本能、肉体)に備わった様々な欲求(動物的欲望等)があります(情欲、飲食欲、嗜好欲、利己的所有欲等)。

(通常)それらの多くは条件反射的に想念(欲求、欲望)が起こり得ます。(通常)それ自体(瞬間の想念)は避け難いものですが、それ(想念)自体が特別に問題があるとは言えません。

動物的情欲(性的欲望等)は人間(動物種)としての正しい子孫保存(人類種継続)を主目的(基本的存在理由、必要欲)としている事は明らかです。

また、動物的飲食欲や所有欲等は、動物的固体(肉体)の正しい生存維持(保持)を主目的(存在理由)としている事も明らかです。

 

それらの地上的欲求(欲望)等の行使には、人間としての心身に(主目的以外にも)様々な副次(派生)的な効用等もあり得ます。

実生活における状況(条件)によっては、利他(共生)愛の体得や善的意識の向上等への影響(効果的側面)もあり得ます。

したがって各人各様の個性(精神性、霊的意識の成熟度)による(欲望等行使の)程度の差(許容限度差)はあり得る事です。

 

一面においては、その欲望等(物的宝物)との確執(試行錯誤、失敗成功等)があるからこそ、正しい自制心、意志の力(霊的宝物)を育て(磨き)上げる事が出来るとも言えるのです。

霊的(本質的)観点から見た時、地上物的現象(やがて消え去る物的宝物)に対しては実物(消え去らない霊的宝物)の方が(比較にならない程に)真実の価値があると言えるでしょう。

 

人間には(本来は崇高な本質である)自由意志があります。

その自由意志ゆえに現代人は頭脳的知能の発達と共に、人間として大切な(霊的、本性的)素朴さや素直さ(純粋性、清浄性)を失う(置き忘れる)状況(状態)に陥りやすい傾向がみられます。

人間には、行過ぎた自由意志による利己享楽的(低次元的快楽追求)行動(生活)に陥りやすい危険性が(常に)誰にもあり得ます。

 

心身(本能、肉体)の様々な欲求(欲望)に(持続的に)振り回されない事が大切です。

行過ぎた執着(強い執着的心、執着的言葉、執着的行為等)は地上的にも霊的にも(思いがけない)大きな苦悩、苦難、苦痛等を招く可能性を秘めています。

(通常)この世においては、それら(欲求)が求めるものの多くを快楽(快感)と呼びます。

それらは、正しい必要性を適える程度の(自然界の純粋な目的の)範囲(適度)であれば問題は生じません。それら(本能的欲望等)自体には良否はありません。

それをふまえた上で、全般的に人格(人間性)が進化し向上し(高尚化し)つつある現代の人間としては、(低次元的、利己的)過ちや行き過ぎのないように(人間的に正しい精神を伴った)節制(自制)が出来る心(正しい意志、真実意識)を持ち続ける事が望まれます。

 

【快楽について; この世の快楽(情欲的快楽等)は、地上の人間(本人の表面(顕在)意識)がどれほど(最高の)すばらしい(快楽、快感)と思ったとしても、それは(地上的必要性)一時的満足感(動物的快楽)物質現象次元の快楽(真実(本質)に対する影のようなもの)です。

霊界(高次元)での真実快楽(歓喜)は(地上的感性では思い及ばない)持続的、超越的、本質的、霊的快楽(高次元の歓喜、真実の喜び)です。その真実歓喜(真実の喜び)を地上の言葉で簡単に説明(表現)することは困難です。

通常、地上に無いものを説明(理解)することは無理な(不可知的な)面(地上的限界)があるのですが、その本質的(霊的)真実歓喜を得た(境涯に入った)状況を、出来る限りのあなたの霊的感性で、想像(感性想起)してみて下さい。あなたはその(地上のあらゆる喜びを超越する)真実の喜び(真実歓喜)を他の何ものとも、引き換える気持ちは起きないのではないでしょうか。

 

その霊的な喜び(歓喜)の対極をなしている霊的苦悩、苦痛等(情欲執着性、物欲執着性、邪悪欲執着性等による霊的低次元界の(相応の)状況(境涯))についてもそっくり同じ事(地上的感性では思い及ばない、持続的、霊的状況)があてはまる事になります。

 

真実の霊性進化向上は、相応の時に相応の状況で(それまでのあなたの次元の喜びを超える)相応の超越(上層、上次元)の喜び(歓喜)の境涯に(全身全霊で)入る事なのです。その喜び(歓喜)を手に入れたなら、あなたはそれ(相応の最高の宝物)を失わないように大切に(大事に)して、より霊性進化向上を目指す心境(真実意識)を起こす事になるのではないでしょうか】

 

正しい意志の力(自制心)は地上的にも霊的にも(真実の)喜びを得る為の大切(必要)な資質です。

心身(本能、肉体等)の欲求(欲望)自体は、真実のあなた自身(霊魂)の本質的属性ではない事を自覚(認識)して下さい。

それは、この世における物質的存在(肉体)の属性(地上的必要性の一面)です。

ですから、あなた(霊魂)は心身(本能、肉体等)の欲求(欲望)の存在理由(摂理)を正しく知る事により、適時適正にそれを制御(コントロール)する必要があります。

その属性(欲求、欲望)を有効(適時適正)に、過ちや行き過ぎのないように利用(操作)して、今(現在)のあなたの状況に適した、正しい喜びの生活(利他愛による共存共栄)を心がけて下さい。

 

今(現在)、あなたの周囲にどのような状況が訪れようとも、あなたが正しい意志の力(自制心)に基づいた善行を日々(一瞬一瞬)に生活実践される事により、今回の地上(現象)世界体験があなた(霊魂)にとっての最善の体験(恵み)となりますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。


32 「生老病死、欲求(欲望)、老化、病気、寿命 U」

戻る