k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


32 「生老病死、欲求(欲望)、老化、病気、寿命 U」

あなたは肉体の老い(老化)や病(病気等)や死(寿命の死)を恐れたり心配したり不安を抱いたりしてはいませんか。

あなたの心身を健やかに保つ為の努力(養生、摂生等自己管理)をする事は、必要であり大切な事です。

しかし、あなたの地上の肉体の老い(老化)や病(病気等)や死(寿命の死)を恐れたり心配したり不安を抱いたりする事は、必要でも大切でもありません。

(通常)真実のあなた自身(霊魂、真実の霊体)には、基本的に、老い(老化)、病(病気等)、死(寿命の死)はありません。

 

【例外的状況; 幽界下層(試練的世界)や霊界下層(試練界)等においては、その本人の反摂理(邪悪心、激しい執着心等)による思い(強い思念)や言葉(表現)や行為(実践)の結果(影響)がその幽体や霊体等に及ぶ事(現れる状況)はあり得ます。そのような場合は、その本質においては、すでに現世(地上次元)で現れ始めていても、その状況(霊的歪み、衰弱化)等を定かに(地上的感性で)確認する事は(通常)困難なのです。

 

その様な(反摂理的)状況に陥らないように、日々の正しい善意(善行)の心がけ(生活実践)が望まれます。その時、人間として最も大切な事は、永遠のいのち(命)の実在(霊魂)としての、その心(意志、意識)の正しい在り方(本心、本性)なのです。その美しい本質は、現世においても本質的光(霊的光輝)として、(通常、肉眼には見え難くても)その人を包み込むように拡がりつつ、その(霊的)輝きを周囲に放つ事になるのです】

 

 

肉体の老い(老化)は、あなた自身(霊魂)が真実の故郷(霊魂の世界)へ帰る為のゆるやかな準備でもあるのです。

通常(理想的)肉体の老い(老化)は、その中(内側)に(霊的)人間としての愛と知恵の美しい果実(霊的結晶、理想的老い)を秘めています。

老いてゆく身体(肉体)自体に対しても、その摂理(自然法則)に則した(従った)成果(美しい成熟)の収容体(肉体)として、周囲の人々は(本人自身も)老いて(成熟して)ゆく身体に愛念と敬意(尊厳)を持って望む事こそが正しい考え方(認識)です。

 

肉体の病(病気等)は、あなたがあなた自身(霊魂)を気付く為の、課題や教訓や導き等でもあり得ます。有効に霊的成果(浄化、自覚)を得る機会でもあり得るのです。

人間はその自由意志により、心身(心や肉体)の不適切な(摂理に反した)使用(思い(思念)、言葉(表現)、行為(実践))による影響(不調、傷病等の状況)を、(相応に)招く場合もあり得ます。

そのような状況を招いた場合には、その症状(導き)と共に謙虚に耐え抜く(生き抜く)事が大切です。やがてその(相応の)体験は、貴重な霊的糧の(相応の)体得(浄化、自覚)ともなり得るのです。

さらには、そのような状況に気付いた(何らかの(反摂理的)自覚がある)時は、それが小難(小さな不調、小さな傷病)の内に、その導き(警告)に従って自らの心がけを正す事(改心)が大切です。それこそが更なる大難を(賢明に)避ける事につながると共に、自らの霊性の浄化と進化を促す方向にも向かい得るのです。

霊的に気付くか気付かないかに関わりなく、善行に向けても常に霊的導き(霊的働きかけ、霊的呼びかけ)が、あなたを愛する多くの霊的存在者(背後霊等)からなされているのです。その導きに(善意の感性により)気付く事により、あなたの生活実践が真実の愛と喜びの方向に向かわれる事を、私は願っています。

 

肉体の病(病気等)は、時には、あなた(霊魂)が真実の故郷(霊魂の世界)へ帰る(他界する)為の、(あなたの霊的状況に適した)様々な方法(手段、原因)の一つにもなり得ます。

病気以外の自然死(真実の老衰死)を(実質的に)得る事には、それなりの困難さ(一定の健康を維持(保持)した長寿を極める必要)があり、(現状においても)かなり稀な事と言えるのです。

健やかな長寿の為には、正しい(自己愛と利他愛からの)善意善行による心の安定と正しい生活習慣(食事、運動、睡眠、嗜好等)が望まれます。

さらには、寿命という事においては(通常)霊的次元において本人(霊魂)自身がそれほどの長寿(寿命)を欲して(必要として)要るか否かなどの、(各人各様)様々な事情(霊的条件、状況)等が関わってきます。

 

実際には、人間の死亡(他界)原因の多くを様々な病気が占めているという現実があります。

病死の原因となる様々な病(病気等)の状況は、心身(精神的、肉体的)に厳しい試練(闘病)となる事もあり、多くの場合、その苦悩、苦難、苦痛等を耐え抜く(心身の)力を必要とします。

その時、(霊的機縁の熟した人が)真実(霊的摂理)を正しく知る事は、試練(闘病)への大きな支えとなり、安らぎ(霊的自覚)への導きともなり得ます。

それら(病気)の状況への対応は各人各様(個人)差がありますが、霊的には、(通常)病死への経過(長期、中期、短期)の期間中に、自身の死(いのち(命))への深い考察(自覚)を得る(体得する)時間が与えられる(可能性が存在する)という一面があります。

霊的には、そこに意味(摂理上の真価)を見る事も大切な一面なのです。

地上人間は(誰でも)必ず死(他界)の時を迎えます。霊的には故郷(霊的世界)への帰還という(通常の霊魂にとっては)喜びの時である事実(一面)を、常に意識(忘れないように)する事が望まれます。

 

【事前の自覚無き死(突然死)について; 霊性に目覚めていない、霊的世界を信じていない人々にとっての、突然死による他界(霊界移行)には、(条件、状況によっては)様々な問題が起こる場合もあり得ます。

特に地上的執着性の(極度に)強過ぎる人(霊人)は、(その自由意志等の故に)順調な霊界移行が進まずに地上境界域等で長期の自縛的、浮遊的状況(存在)を続ける事もあり得ます。

死後生(霊魂)の存在を(極度に)否定し続けて来た人(霊人)は、霊的昏睡(霊的意識の長期休眠的)状態に陥ったり、自身の死を自覚出来ずに幽界下層等を、そこが地上そのままであると(長期にわたって)思い違いしている(霊性に目覚めない、霊的不適合)状態となる等の、様々な霊的苦難(試練的状況)の原因ともなり得るのです。

そのような人(霊人)にも、様々な縁のある(善意の)霊的存在者(守護霊、指導霊、補助霊、先祖霊)等による(相応の)霊的援助(霊的救いの働きかけ、霊的光輝)は常にあり得ますが、(特に素直さ(清浄さ)の欠ける人は)その自我意識の不調(霊的歪み、傲慢さ、頑なさ)故に、その救いの働きかけ(霊的光輝)を得る(知覚する、見識する、認める)事に大きな困難さがあるのです。

そこにも個霊としての霊人(本人)の自我意識(自由意志)が優先するという霊的摂理が存在しているのです。

そのような見地からも、人間には(真実に)謙虚で素直な心(意識)が求められます。

さらには、地上人間は今(現在)の地上生活中に、霊的摂理(真実、真理)を出来る限りしっかり学んでおく(霊的知識、知恵を得ておく)事に大切な意味(真価)があるのです】

 

(通常)摂理(自然法則)に則した(従った)肉体の死(寿命の死)は、あなた自身(霊魂)が真実の故郷(霊魂の世界)へ帰る(安定帰還する)為の出来事そのものです。通常の素直な人(霊人)は、導きの霊人(達)の助け(導き)を得て(相応な)霊的境涯(世界)に(喜びの内に)導かれる事になるのです。

 

自ら寿命を縮める行為《自殺死行為、極度の危険行為、極度の自虐的(自傷的)行為、極度の無思慮(不注意)行為、極度の不摂生行為》等の自死につながるような行為は、様々な(動機等)要素要因により千差万別であり、簡単な説明(理解)は出来ません。

それらの行為は自然の摂理に反する《自己否定的、退行的》行為である事(霊的(本性的)苦悩や苦難等試練の原因となり得る事)は間違いありません。

(通常)人間はこの地上世界に(相応の条件(状況)の中で)、出来る限り正しく(適正に)生き抜く(耐え抜く)事(霊的目的達成)を目指して生まれて来ているのです。

したがって、自ら(尊厳ある)いのち(命)を粗末に(目的放棄)する行為は摂理(自然法則)に反する事は明らかです。

自らのいのち(命)は(他の総てのいのち(命)も)、常に出来る限り(精一杯に)大切に(尊重しつつ生活実践)する事が望まれます。

 

この地上生活にあっては、たとえどのような苦境(厳しい困難な状況)に陥ったとしても、その極み(最後の一息、解放の瞬間)まで、自己(真実)意識の謙虚な誠実な努力(正しい心がけ)が望まれます。

たとえ苦境(暗闇的状況)に陥っていても、そこからの改善、向上への希望の(相応の本質的、霊的)光は、いつでも(常に)、どこでも、誰にも存在し得るのです。

その希望の光は、自ら謙虚に求める(摂理に則した)誠実な素直な心に、その(絶好の)機会(機縁)を逃すことなく灯される(射し込んでくる)事になるのです。

 

【霊的視点から見た(観た)時、(一面においては)この地上(物質現象世界)に人間として生まれ出る事、肉体を持って(宿って)生きる事はそれだけでもすばらしい体験です。

霊的視点の更なる極みにおいては、地上再生からの解放(終局卒業、真実復活、解脱)は、それ(輪廻再生)を超えるすばらしい超越的向上です。人間として(常に)どこまでも真実の進化向上を目指す意識(強く正しい意志)を持ち続ける事が望まれます。

各人各様の今(現在)がどのような状況であっても、地上に生きていればこそ(地上物質界体験)の大切な(貴重な)人生です。

この地上における真実(真理、摂理、自然法則)理解(自覚、実践体得)と成長(霊性浄化進化向上)の大きな可能性(機会、機縁)が、今(現在)あなたの前に開けているのです】

 

あなたが、今(現在)得られている生活を正しい意志(真実意識)を自覚しつつ、精一杯の善意(真実の愛と感謝と喜び)と共に有意義に過ごされ(生活実践され)ますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

 
33 「生老病死、欲求(欲望)、老化、病気、寿命 V」

戻る