k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


53 「人生の楽しみ喜び(遊び)」

【いのち(命)はすばらしいものです。
今、生きていることはすばらしいことです。
真実のいのち(命)は、実は、
それ(今ある、今生きている)それだけで、
自分自身も(すべての)人も、そのいのち(命)こそが、
すばらしい(何ものにもかえがたい)ものであることに気付きましょう。】



いのち(命)の本質は喜びです。

日常の小さな事にも喜びの心を持ち(感じ)ましょう。

喜びの心こそが、そのいのち(命)の本質(真実の心)が表れ(現れ)た、確かな表明(表現)です。

その喜びの心を大切に、今回のこの地上の人生(日々)を精一杯明るく生き抜いて行きましょう。

時には幼い子供のように、無邪気(無心)に楽しく遊ぶ時の(真実の喜びの)心を呼び起こしましょう。



私たちは、今はこの現象世界(現象宇宙内の地球上)に(生まれ)来て、肉体を持った人間として生きています。

それには、この世(現象世界)の決まり(法則)の内で生きて行く(生き抜く)ことが大切(必要)な事となります。

その人生に(相応に)楽しみ(遊び)を持つことは決して罪悪(悪いこと)ではありません。

しかし、この世の楽しみ(遊び)には、(その人)相応の程度と限度等のバランスをとる事(適度な節制)が望まれます。




もしも、バランスを欠いて(穏やかな日常生活をこわす程に)深く執着する(一方的に、利己的にのめり込む)と、様々な不調和や不都合を起こす事にもなりかねません。

楽しむ自由の中にも、様々な制約があることは認めなければなりません。

人(他者)に明らかに迷惑をかけたり、人の心を傷つけるような(害を与えるような)楽しみ方は避けなければなりません。

明らかに誰か(他者)を犠牲にして楽しむような事は、特に避けなければなりません。

他者を苦しめるような楽しみ方では、そこに人間としての本当の(真実の)喜びは存在し得ないのです。

それ(思う事、言う事、行う事)をうしろめたく感じるような(不正な、不健全な)事は極力避けなければなりません。



それらの事に十分に注意をしつつも、喜びの心はとても大切(必要)な人間の本性であると言えるでしょう。

可能な範囲で、あなたの(真実の喜びを満たす)正しい楽しみ(遊び)を持ちましょう。

少なくとも、自分自身が明るい心で行える正しい遊び(楽しみ)を持ちましょう。

やがては、自他共に(皆が)楽しみ合えるような遊び(楽しみ)方を目指しましょう。

さらには、日常(ささやかな普通の生活)の中にこそ、正しい喜びの心を持ち(感じ)ましょう。

正しい喜びの心と共に、この地上(物質現象)世界の人生を(出来る限り、精一杯に)明るく元気に朗らかに生き抜いて行きましょう。




【人々は誰でも皆、それぞれに応じた(自分なりの)幸せ感(喜び感)を持って、今を生きています。
その人にとって大切なものを(お互いに)出来る限り尊重し合いましょう。
それこそが、それぞれの今を(お互いに)楽しみつつ(喜び)と共に生き抜く事につながります。


 

時には、小さな子供たちの純粋な素直な喜び方(遊び心)を見習って(自身に呼び起こして)みましょう。

時には、小さな子供たちの純粋な素直な笑顔(真実の喜びの表現)を見習って(自身に呼び起こして)みましょう。

あなたが(真実の)喜びの心と(真実の)純粋な笑顔を絶やすことなく、大切なこの地上人生(日々)を精一杯楽しく過ごされ、すみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

54 「真実(究極)の愛」

戻る