k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


62 「(真実の)いのち(命)の尊さ」


いのち(命)在る存在(人間)として、今(現在)あなたはこの世(物質現象世界)に生きています。

あなた(自分自身)という(真の)存在(真の人間)は、とても尊いものなのです。



この世(地上世界)においては、生あるものは必ず死を迎えます。

しかし、それ(地上における死)はこの世(物質現象世界)に顕現(現象)している物体(肉体という表現手段)が消える(亡くなる、物質的には無くなる)に過ぎないのです。

あなた(自分自身)という(真の)存在(本質的生命そのもの)は決して消滅しないのです(たとえ自ら消えて無くなろうとしても、本質的に消滅は出来ないのです)。

ですから、自らの寿命(いのち)や他の人の寿命(いのち)を縮めるような行為は決してしないで下さい。

人の心や体を傷つける事の無い様に、細心の注意を払いましょう(出来れば、小さな小さないじめや意地悪さえも止めましょう)。



人間は自らのいのち(命)を、その寿命の許す限りに(相応に)まっとうする(生き抜く)ことが大切な事なのです。

同時に他の人のいのち(命)も、その寿命を(相応に)まっとうする(生き抜く)ように見守る(そっと手を添える、出来れば手助けする)ことが大切な事なのです。

たとえ、どのような状況にあったとしても、この世(物質現象世界)における(それぞれの)人生の終わりは(ある種の)恵みとして、誰にも(その人相応に)自然に訪れ得るのです。

その時には、真の人間(あなた)は(通常)自分自身を表現する次元(境涯、世界)を変えて(次元移動して、その人相応に)生き続けます(真実の命は永遠です)。



(通常の)善い(有意義な)人生を送った人は、その時には(相応の)喜び(霊性)の世界への移行(移入)を果たして、(その時のあなたにふさわしい)多くの善き友の歓迎を受けて喜びの人生が続いて行きます。

さらにその先の(よりすばらしい)世界へと目指して(よりすばらしい相応の身体(自己表現手段)を用いつつ)進むことも可能と成り得るのです。

(通常)この世を生き抜く(真の)目的がそこにあるのです。



地上現象世界(この世)においては、(通常)誰にも(霊性向上のための)様々な(困難、苦難等の)機会が訪れ得ます。

それらは自分自身(本性、真我)を高める為には(真の意味、深い意味において)絶好の機会です。

その時には(そのつらさを乗り越えて)自分自身の善意(理性、良心、善良な情緒等)を働かせて、実りある(有意義な)生き方(生活実践)を行いましょう。

たとえどの様な(困難、苦難等の)状況におちいったとしても、(その真の寿命の尽きる時までは、どの様な道に進もうとも)生きること(生き抜くこと)を最優先しましょう。

(真に)善意の生き方(善意善行)を貫いた(生き抜いた)人には(善いものが待っています)、(真に)恐れるものは何もありません。



この世において(真に)恐れなければならないものは何でしょうか。それは人間(自分自身)の心の中に有り得るのです。

エゴ(利己的欲望、利己的自我)に(一方的に)支配された時の、自分(人間)の表面(顕在)意識の(邪的)自己中心的心(思考)ほど(自身にとって)恐ろしいものは他にはありません。

正しい自制心(理性、良心、善良な情緒等)が働かなくなった時の、自身(人間)の(邪的)心(思考)ほど(真に)恐ろしいものは他にはないのです。

自分(達)勝手(自己中心)で他の人(人々)の事をかえりみない(人間性における思いやりの無い)おこない(思い、言葉、行為)は止めましょう。

その危険性は、今(現在)においても、この世に起きている様々な事件、事案等(結果)を見ると明らかに理解が及ぶことでしょう。



過ちは後で気付いて、どれ程後悔しても(簡単には)取り返しはつかないのです。必ず(霊的にも、物的にも)それ相応の(真の)報いが待っていることになるのです。

それには(相応の厳しい)後悔、懺悔、反省、改心(回心)の為の実践(相応の体験)が待っていることにもなるのです。



(真に)善意(理性としての真の知恵、良心としての真の愛)の生き方(善意善行)を貫いた(生き抜いた)人には、(真に)恐れるものは何もありません。

それには難しいことはありません(難しい理論や理屈の必要性はないのです)。

人間(あなた自身)が本来の(真の人間としての善意の)在り方に(忠実に)在る(生きる)だけで良いのです。



ですから、常日頃から自分自身の正しい自制心(理性、良心、善良な情緒等)を十分に働かせて、着実な(物事や状況への)対処(善意善行)をめざしましょう。

そして着実な(真の人間としての)自分自身の(喜びの)霊性向上を(どこまでも)果たして行きましょう。



【(真実の)いのち(命)は(何ものにも変え難く)尊いものであるのです。
人間(自分自身)という存在(真に在る事そのもの)が(何ものにも変え難く)尊いものであるのです。】



あなたがその(真実の)いのち(命)の(存在である)あなた自身(真実の人間性)を尊び(そして人々を尊び)精一杯に大切にされて、すみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

63 「笑顔」

戻る