k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


63 「笑顔」


笑顔はあなたをより豊かな人生へと導いてくれます。

笑顔はあなたをより輝かしい(美しい)存在へと導いてくれます。

こちらでは(一貫して)慈しみ(真実の愛)のこころ(心)に基づいた善い笑顔について話を進めて行きます。



あなたは目の前の人(相手)の、笑顔を求めますか、怒りの顔を求めますか、とがめる顔を求めますか、無表情を求めますか。

(通常は)きっと笑顔がいいと思われることでしょう。

自分自身(あなた)が求めるもの(笑顔)を、人(相手)に与える(笑顔を向ける)ことはすばらしい事です。



(出来る限り)あなたのこころ(心)を笑顔にしてみましょう。

(真実の)笑顔の源は、その(あなたの)こころ(心)です。

こころ(心)からの笑顔は、自身にも相手にも、大きな喜びが得られます。

その時、あなたのこころ(心)から、(真実の)喜びの思い(波動)が(相応に)発生しているのです。



(もしも)とてもつらい事や悲しい事等が起きた時(望みを失いそうな時)あなたのこころ(心)に笑顔を浮かべてみましょう。

それは、不可能な事に思えるかもしれません。

しかし、人間(あなた)のこころ(心)は、その力(能力)を持っています。



この世(物質現象世界)において、たとえどのような事が起きようとも、そのこころ(心)に絶望を感じる必要はありません。

(真実の)こころ(心)は、本来は喜び(笑顔)で在り続ける力(能力、本性)を持っているのです。

ですから、この世において、つらい事や悲しい事が起きた時にこそ、あなたの持つその力を発揮してみましょう。



そのような時には、少しずつ試してみましょう。けっして無理をする必要はありません。

この世の人生の間には(ひとまず)嘆き(泣き)続ける(しか出来ない)時さえもあるかもしれません。

時には、感情(泣く事さえ)も表す事が出来ない(表情を失う)時(さえ)もあるかもしれません。



それさえも、あなたの人生の重要な一部(貴重な体験)の一つになる可能性もあります。

あなた自身が(自分の)大切な真実のこころ(心)を失わない(絶望しない)ようにしましょう。

ですから、その様な時は(この世では色々な事が)有り得るものと(ある種の)覚悟を決めてみましょう。

そして徐々に、少しずつ、少しずつでもあなたの(本来の)笑顔を取り戻して行きましょう。



この世においては、(相応の)時(時間、期間)を必要とする事もあります。

人間のこころ(心)は絶望(暗闇)に居続ける事は出来ません。

必ず、小さな一点(光)から明るい光(光明)が射す時がやって来ます。

その時(光を取り戻した)その(真実の)笑顔には(相応の)大きな力があります。



こういう(一つの)考え方もあるのか、の様に受け止めてみて下さい。

この世(物質現象世界)に生まれて、やがて誰もが(相応に)寿命が尽きて帰るべき処(世界)に帰って行くのです。

その時、あぁ穏やかな平穏な人生だったと思えるのも(一つの)良き人生であったかもしれません。



しかし、自分(表面意識)で望んではいないのに、あんなつらい事があった、あんな悲しい事があった、あんなに恥ずかしかったり悔しかったりもした。

そのような人生だったからこそ、その結果あなたは(その時)たくさん磨かれて(今の)自分になれた(その意味では)充実した人生だった。

今日まで(相応に)楽しい事もたくさんあった。いや、すべての事が(実は)自分を磨くための(その意味では)大切な充実した人生(道のり)だった。

自分に(良い面においても、あるいはそうでもない面においても)様々な関わりを持ってくれた(数多くの)人々に(その意味での)相応の感謝をしよう。

これからも、様々な困難な事があっても、そのように受け止めて(その意味において)この人生を(笑顔と共に)楽しんでみよう(進んで行こう)。

そのように考えてみると、どうでしょうか。



この世に生きている今こそ(よい機会)チャンスです。

自分自身の貴重な人生を(出来る限り)楽しいこころ(心)で、笑顔の(本来の)真実のこころ(心)で乗り切って(生き抜いて)みましょう。



あなたがその(真実の)善い笑顔を大切にされて、その(心からの)喜びと共に、すみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

64 「笑い(笑顔)」

戻る