k-styleにようこそ
k-styleの いのち(命)研究  

k-styleの全力、全生命力を捧げます

k-styleは喜びの心で仕え、捧げます


65 「微笑み(笑顔)」


微笑み(笑顔)はあなたをより豊かな人生へと導いてくれます。

微笑み(笑顔)はあなたをより輝かしい(美しい)存在へと導いてくれます。

こちらでは(一貫して)慈しみ(真実の愛)のこころ(心)に基づいた善い微笑み(笑顔)について話を進めて行きます。



笑顔の中でも微笑みは、表現手段としての(相応の)大切な価値を持っています。



微笑みであれば、声を出して笑ったり、明るい笑顔を見せたりする事が出来ない(出来にくい)時(状況)でも、静かに微笑む事は出来るでしょう。

それは(状況によっては)悲しみゆえの微笑み、哀れさゆえの微笑みとも表現出来るでしょう。

悲哀にくれている人に対して見せる、こころ(心)からのいたわりや慰めの為の微笑みとも表現出来るでしょう。



悲哀にくれている人とは、共に泣く(悲しみに沈む)事も必要な時もあるでしょう。

そしてやがては、悲哀にくれている人を励まして、その人が元気を取り戻す為に寄り添う(力添えをする)時も必要でしょう。

そのような時には、あなたの(優しい)微笑みは、きっとその力(エネルギー)を発揮してくれる事でしょう。



その微笑み(笑顔)は、あなた自身をも(より)元気にしてくれるのです。

日常において、どうしても笑顔が少なくなっていると感じた時には、少しがんばって微笑んでみましょう。

本来は、そのこころ(心)からの微笑み(笑顔)が望ましいのですが、ひとまず(とりあえずでも)微笑んでみましょう。



微笑む(笑う)から楽しくなる、という現象も起こり(生じ)得るのです。

無理にでも笑う事(意識的に笑う事)によっても、免疫細胞が活性化する事もあり得るとの研究結果も報告されています。

微笑む(笑う)事によって楽しくなる、そして楽しいから微笑む(笑う)、それでなお楽しくなるという好循環の可能性もあり得ます。



微笑み(笑顔)には、偉大な力(波動、エネルギー)が秘められています。

特に、こころ(心)からの(真実の)善い微笑み(笑顔)は、あなたの人生をより充実した明るい日々へと導いてくれることでしょう。

そして、あなたの周囲の人々にも、その微笑み(笑顔)の力(波動、生命エネルギー)は波及して行くことでしょう。



【霊性においては、上層(上(高)次元)界における明るさ(正善性)は光明(喜び)をその本質としています。
そして、下層(下(低)次元)界における暗さ(邪悪性)は暗闇(恐れ)をその本質(光乏しき状態)としています。
上層(上次元)界はいのち(命)の源の光(光明)により近く、その偉大な恩恵である光明(喜び)を、より受け入れているのです。
それに対して、下層(下次元)界は、より下に行くほどその光(光明)から遠く離れ、自ら避けて(隠れて)いる状態とも言えます。
しかし、どれほど暗い世界(下層界)であっても、
人間(人霊)には(一時的に隠されていても、どれほど小さくても、薄くても)一光としての霊魂の光(光明)は灯り得るのです。
人間(人霊)にとって(真実の)微笑み、笑顔、笑い等は、喜び(光明)の表現であり、より人間のいのち(命)の気(生命エネルギー)にあふれ得るのです。】



この世に(相応の)縁を得て生まれて来た私たち(人間)は(その自由意志が有るゆえに)上層下層、正邪善悪等の様々な可能性を持っています。

この世(物質現象世界)は物質性にとらえられている為に、霊性(霊的)には(相応に)暗く重い世界です。

その人生においては、様々な行き過ぎや、間違いも有り得るでしょう。

しかし、その中においても(善い心がけによって)より正しく元気に明るく生き抜くことは出来得るのです。

たとえ(時には)様々な困難や苦難等を体験しても、それらを乗り越えてより明るい(正善の)人生を過ごして行きましょう。



出来る限り(精一杯)の正善(真実の愛と知恵と力)の喜び(光明)の生活を生き抜いて行きましょう。

そこには、真実の愛(慈しみ)の善い微笑み、笑顔、笑いが伴っているでしょう。

そのあなたの元気な、明るく朗らかな微笑み、笑顔、笑いが、あなたの周囲の人(人々)をも励まして、より元気に生きる勇気を与え得るでしょう。



あなたがその(真実の愛と知恵と力の)善い微笑み、笑顔、笑いを大切にされて、その(心からの)喜びと共に、すみやかな霊性浄化進化向上を果たされますように、私は願っています。

 

永遠のいのち(命)と愛と知恵と力の源(創造主)の摂理(この宇宙の自然法則)が正しく啓示され、その真実(真理)の光(輝き)が、あなたの大切ないのち(命)まで届きますように。愛と喜びの心で感謝を捧げます。ありがとうございます。

戻る