k-styleの宮沢 賢治の詩 (雨ニモマケズ)


こちらでは、宮沢 賢治の詩を一点紹介します。彼は多くの詩や童話等を残しましたが、病のために、37歳のとき、この世を去っています。この詩はその2年ほど前に手帳に書きとめられました。

雨ニモマケズ

   

   雨ニモマケズ

   風ニモマケズ

   雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ

   丈夫ナカラダヲモチ

   慾ハナク

   決シテ瞋ラズ

   イツモシヅカニワラッテヰル

   一日ニ玄米四合ト

   味噌ト少シノ野菜ヲタベ

   アラユルコトヲ

   ジブンヲカンジョウニ入レズニ

   ヨクミキキシワカリ

   ソシテワスレズ

   野原ノ松ノ林ノ蔭ノ

   小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ

   東ニ病気ノコドモアレバ

   行ッテ看病シテヤリ

   西ニツカレタ母アレバ

   行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

   南ニ死ニサウナ人アレバ

   行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ

   北ニケンクヮヤソショウガアレバ

   ツマラナイカラヤメロトイヒ

   ヒデリノトキハナミダヲナガシ

   サムサノナツハオロオロアルキ

   ミンナニデクノボートヨバレ

   ホメラレモセズ

   クニモサレズ

   サウイフモノニ

   ワタシハナリタイ


 

雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫な身体をもち

欲はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きしわかり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子どもあれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろと言い

日照りのときは涙をながし

寒さの夏はオロオロ歩き

みんなにデクノボーと呼ばれ

ほめられもせず

苦にもされず

そういう者に

私はなりたい

宮沢 賢治 1931/11/3

以上 新文体 k-style


こちらでの紹介は、 雨ニモマケズ の一点にとどめましたが、彼の作品の多くのものが、現在はネット上(多くの善意のサイトやページ上、各種電子図書館等)において読むことが出来るようになっています。彼の他の作品に興味のある方は、検索されることをお勧めします。

心引かれる書物を購入されて手元に(座右の書として)置かれる事も魅力ある形ですが、国立、都道府県立、市町村立、学校立等の図書館の蔵書を読まれる事も可能かと思います。

たとえば、「銀河鉄道の夜」は夢のあるファンタジーとして、子供たちの様々な(素朴で素直な)心の機微(愛しさ、けなげさ)を表現している作品です。同時に、彼(賢治)の信仰心からの、他界(霊界移行)時の想定状況(あちらへ向かう乗り物の内外)を、彼なりの愛情を込めて表現されており、(相応に)興味深い作品です。機会がありましたらぜひ一読される事をお勧めします。 k-style


 

戻る