k-styleの いのち(命)の詩

創作詩

6 人生はとうとい

この人生がどんなに楽しく、そして苦しくても

この人生がどんなに明るく、そしてさみしくても

この人生がどんなに美しく、そしてはかなくても

この人生がどんなに喜ばしく、そして悲しくても

今現在 生きていること  そのことのゆえに 

はかり難いほどに この人生はとうとい

どのような人生であっても 人生はとうとい

今現在 生きていること  そのことのゆえに 

はかり難いほどに この人生はとうとい

 

7 命のリズム

子供のころ
星を見ていた
大地に大の字にねて
夜空一面にあふれるほどの
輝きつづける星を見ていた

この大地
疲れた体

この星空
ゆっくりはずむ心

うれしい気持
あたたかい気持

大地のリズム
星空のリズム
命のリズム

 

8 何もかもその心に記し

この時のリズムに乗って

この道をとうとうと

おおらかに

何もかもその心に記し

君の人生が流れて行く

この道をゆうゆうと

おだやかに

何もかもその心に記し

君の人生が流れて行く

この時のリズムに乗って

 

9 春夏秋冬 人心優遊

春 若葉 桜花 のどかな大河 命再生 心の生還

夏 青葉 ひまわりの花 日ざしの海 命成長 心の養育

秋 紅葉 コスモスの花 夕焼けの空 命成熟 心の成就

冬 氷葉 さざんかの花 白雪の大地 命休息 心の帰還

春夏秋冬 草花可憐

春夏秋冬 光彩流麗

春夏秋冬 自然妙智

春夏秋冬 人心優遊

 

10 舞う一葉

強き風

今いとおしく

舞う一葉

 

創作詩 11〜 

創作詩1へ戻る