k-styleの いのち(命)の詩

創作詩

26 その光は

その光は

使う人にもっともっとそそがれて

使えば使うほどにそそがれて

やがてその人は

優しさに満たされた人になる

だれにも優しい人になる

優しさゆえに傷つく事をおそれない

美しいその傷あとさえも気づかない

その光は

その人を優しく優しくつつみこむ

 

27 それはそれ それはそれなり

言葉に出来ない

それはそれ

それはそれ それはそれなり

 

28 ゆっくりと

ゆっくりと

マイペースで

自分の事を

見つめ直してみたい日

ゆっくりと

ゆっくりと

 

29 やがて輝きが見えてくる

心の中が暗くなる日 光が消えていく日

悩み苦しむ日 何も手につかぬ日
それはいつか とても貴重な日となる

今日は少し日常の動作をしてみよう
手を洗い 顔を洗い
少し掃除をし 食事をし
何か仕事があれば 少し仕事もしてみて
そして 眠って一日を過ごしてみる
明日がやってくる
そうしたら もう一日 少し動いてみよう
とるにたらない日常の 単純で平凡な動作が
大きな力を持っている
少しずつ元気がやってくる
少しずつ笑顔がやってくる
やがて輝きが見えてくる

十人十色 百人百色 千人千色
万人万色 億人億色でいい

 

30 愛されている

愛されている

いつでも

あなたは

愛されている

いつでも

愛されている

 

創作詩 31〜

創作詩1へ戻る