k-styleの大切な言葉


真の優しさを持たれた方からのメッセージ(遺訓編)



11 「一人に一冊ずつの人生という小説作品があるね」

(この世の人生はね、誰にも大切な物語があるよ。
そしてね、その主役は自分自身なんだよ。
それは自分の魂がこの世にやって来た時から始まっているからね。
嬉しい時も、悲しい時も、和やかな時も、怒りの時も、楽しい時も、苦しい時も、微笑ましい時も、惨めな時も、安らかな時も、つらい時も、明るい時も、暗い時も、元気な時も、病む時も、どのような時もすべてが自分の人生だからね。
そして、この世の「私の人生」という作品が完成するのは最後の一息の後なんだよ。
それは自分の魂がこの世を去る時だね。
そこには自分の人生のすべてが、善い事もそうでもない事も書き込まれているからね。
どんな物語になっているか、魂にはとても大切な事だからね。
その時に自分の魂が良かったと思えるような作品になっていると好いね。
その時を思って一日一日を大事に生きられると好いね)



12 「嘘をつくと自分の心が苦しくなるね」

(嘘は人格の成長を遅らせてしまうからね。
そして、嘘をついてしまうと面倒な事が起きやすいよ。
嘘だったと言えなくなってうろたえたり、軽く見ていた嘘の重大さに後悔したり、嘘を守るための嘘さえ必要になったりしてね。
それから周囲の人達の大切な信用を失うね。
そしてね、なによりも自分の心を苦しめる事になるよ。
嘘の反対は真実だからね。
真実とは人に最も大切なものだね。
特に自分に不利と思えるような真実こそが、自分を鍛えて育ててくれるからね。
真実は人格の成長の為には欠かせないものなんだよ。
真実が一番好いね。
真実が真の実りを得るものだからね。
迷うときは勇気をもって真実の方に従う事が出来ると好いね)



遺訓編13〜へ進む


   いのち(命)研究 「その方の臨終時と遺訓編」へ戻る

k-styleホームへ戻る