k-styleの大切な言葉


真の優しさを持たれた方からのメッセージ(遺訓編)



13 「後悔先に立たずという言葉があるね」

(あの人にあれをしてあげれば良かったとかね。
時には、あんな事をしなければ良かったと思う事もあるね。
出来れば後悔しないように生きたいね、後悔はつらいものだからね。
そしてね、間違いに気が付いた時は後悔するだけでは足りないよ。
反省して自分の心を直す事がとても大切な事だからね。
それから、心を入れかえたら何時までもくよくよしていては良くないね。
その事に対しては生まれ変わったと思って、自分を認めて、自分に自信をもって生きたいね。
そしてね、同じ間違いを二度としないようにしっかりと気を付けて生きて行けると好いね)



14 「罪を憎んで人を憎まずと言うね」

(この世の中はね、様々な罪が生まれるので苦の世界、苦の娑婆と言われるね。
そして人間は色々な目にあうね。
罪を善くない事悪い事として嫌う、だから罪を憎むとは、罪を嫌って離れるという意味にとると好いね。
そんな時に人を憎むと自分が結果傷つく事が多いよ。
いつまでも自分(自分の心)で自分を縛り付ける事になるからね。
だから、そんな時は一歩も二歩も退いて自分を眺めてみる。
実は自分という人間はもっと高尚で、霊妙で、美しい存在であることをしっかりと認めたいね。
人を憎まずとはね、罪に捕らわれない自分を得る方法だからね。
実は罪はね、個人で裁かなくても必ず裁かれるからね。
罪を犯したその時から裁きは始まっていてね、罪そのものが裁かれる(裁く)からね。
だから、人を憎むというような自分を傷つけるような事はしない、そう思うのが好いね)

                           

   いのち(命)研究 「その方の臨終時と遺訓編」へ戻る

k-styleホームへ戻る